Menu

子どもアドボカシーセンター福岡

日本財団
九州ろうきん
お知らせ

【2022年度報告書完成!!】「あらゆる子どもにアドボカシーの実現を」

子どもアドボカシーセンター福岡では、2022年度、日本財団から助成を受け、
「子どもの声に耳を傾け、子どもをまもる地域と学校のしくみづくり」を実施しました。
2022年度報告書「あらゆる子どもにアドボカシーの実現を」が完成しました!!

この助成事業では、親と一緒に暮らし、学校をはじめ地域のさまざまなサービスを利用しながら生活している子どもたちに子どもアドボカシーを届けるため、次のような活動が報告されています。

  1. 目次
  2. 第Ⅰ章 プロジェクトの概要
  3. 第Ⅱ章 子どもに「権利」を伝え、意見表明を伝える
  4. 第Ⅲ章 きかせてワークキットの開発
  5. 第Ⅳ章 子どもの権利意識調査
  6. 第Ⅴ章 あらゆる子どもにアドボカシーの実現を

報告書では、学校や地域にある子どもの居場所やフリースクール、公民館などで開催した「聴かせてワーク」を紹介しています。
「聴かせてワーク」は、子どもの意見や思いを書いたカードを使って、子どもたちに権利があること、とりわけ自分の意見を表明していいんだということを知ってもらうためのワークショップです。
また、そこから発展したプログラムキット「きかせてジャーニー」の開発プロセスの様子も掲載しています。


こちらから報告書(全ページ)を閲覧いただけます

その他のお知らせ